スポーツ

小堀倭加の学歴は?小学校・中学校・高校・大学の戦歴は?

水泳界の期待の星として輝き続ける、小堀倭加さん。

東京オリンピック、パリオリンピックと2大会連続出場を決め、メダル獲得に期待が寄せられています。

そんな小堀倭加さんですが、どのような学生時代を過ごしてきたのでしょうか。

今回は、小堀倭加さんの学歴について、調査しました!

ぜひ、最後までご覧ください。

小堀倭加の基本プロフィール

コボリワカ引用元:X
  • 氏名  :小堀倭加(こぼり わか)
  • 生年月日:2000年8月10日(23歳 ※2024年6月時点)
  • 出身地 :奈良県
  • 身長 :164cm
  • 所属 :あいおいニッセイ同和損害保険湘泳会
  • 趣味  :ピアノ演奏、パズル

小堀倭加さんは、幼稚園から水泳を始めています。

生まれは奈良県ですが、幼少期に神奈川県西橋本へ移住しました。

小学生から相模原ドルフィンクラブに通い、本格的に水泳に打ち込みます。

小学4年生のときには、全国ジュニアオリンピックカップに初出場。

旭中学校2年生のときには、背泳ぎで全国中学校大会2位に輝きました。

現在の専門は自由形で、中距離から長距離を得意としています。

中学までは背泳ぎ専門だったのですが、高校から自由形に転向しました。

背泳ぎから自由形へ転向してすぐ、インターハイでは400m、800m自由形で優勝しています。

持久力を武器に、2019年の日本選手権女子1500m自由形では、初優勝に輝いています。

湘南工大付属高校3年生で、初めて日本代表に選出され、2018年のジャカルタ・アジア大会では800m自由形と1500m自由形で銅メダルを獲得。

世界ジュニア水泳選手権では、400mで高校記録を更新しています。

日本大学時代も、日本選手権やインカレで優勝に輝いています。

2021年2月には、短水路の女子1500m自由形において、18年ぶりに日本記録を更新しました。

同年4月の日本選手権では、長距離種目での派遣標準記録突破しています。

これは、アテネオリンピック金メダリスト・柴田亜衣さんが、北京大会の選考会でクリアして以来となる快挙でした。




小堀倭加の学歴は?

小堀倭加さんの学歴について、順番に見ていきましょう。

出身小学校と戦歴

コボリワカ引用元:X

小堀倭加さんの出身小学校は、相模原市立橋本小学校です。

小堀倭加さんは幼少期に、奈良県から神奈川県に移住しています。

3人きょうだいの末っ子で、兄2人も水泳をしていました。

その影響で、小堀倭加さんも幼稚園生のころから、プールに通い始めています。

水遊びが大好きだった、小堀倭加さん。

小学校3年生から本格的に競技水泳を始めました!

両親やご兄弟に関して、名前や職業などの情報は一切ありません。

ただお兄さんたちも、競泳選手として活躍していたかもしれませんね。

出身中学校と戦歴

コボリワカ引用元:X

小堀倭加さんの出身中学校は、相模原市立旭中学校です。

小堀倭加さんは、小学4年生でジュニアオリンピックに出場したことをきっかけに、競泳にのめり込んでいきます。

中学時代は相模原ドルフィン水泳クラブに通い、中学2年生で全日本選手権背泳ぎで2位に輝きます。

この結果から、全日本競泳界より東京オリンピック強化選手に指定されます。

しかし小堀倭加さんは、この後に競泳の壁にぶち当たり、スランプに陥ります。

ちょうど中学3年生で、自分の進路を考えるタイミングでもあり、水泳とは全く違う道に進むことも考えました。

しかし悩みぬいた結果、小堀倭加さんは水泳の強豪・湘南工科高へ進学したのです。

主な戦績

  • 2013年:JOC全国ジュニアオリンピックカップ 200m背泳ぎ:3位
  • 2014年:全国中学校大会 200m背泳ぎ:2位
  • 全日本選手権 背泳ぎ:2位

出身高校と戦歴

コボリワカ引用元:X

小堀倭加さんの出身高校は、湘南工科大学付属高等学校です。

この高校は、神奈川県の中でもスポーツに非常に力を入れています。

水泳部は、男女ともにインターハイで優勝経験があるほど、強豪なんです。

小堀倭加さんの自宅からこの高校まで、なんと片道2時間かかったそうです。

そのため、毎朝5時半に起きて、6時には家を出る日々を過ごしていました。

勉強との両立も、苦労したでしょうね。

高校入学時は背泳ぎの選手だった小堀倭加さんですが、水泳部の三好監督に才能を見出されます。

三好監督は、バルセロナオリンピックのバタフライ日本元代表です。

その持久力を見抜き、インターハイでは長距離に出場するように勧めます。

すると結果が良かったので、そこから中・長距離がメインになりました。

三好監督の元厳しい練習に耐え高校3年間で一気に自由形の実力を伸ばしました。

高校3年生のときには、第13回パンパシフィック水泳選手権大会に出場し、決勝進出。

2018年のジャカルタ・アジア大会では、800m自由形と1500m自由形で、銅メダルを獲得しています。

大きな国際大会でタイムを伸ばし、着実に結果を残しています。

しかしその現状に満足せず、さらにタイムをあげることを目標にしていました。

日本代表に選ばれるようになり、最初は緊張していましたが、大会が始まってからはすごく楽しく過ごせたそうです。

高校生でも大人たちは優しく受け入れてくれたそうで、一緒に頑張る仲間も増えました。

主な戦績

  • 2016年:インターハイ 400m自由形、800m自由形 優勝
  • 2017年:世界ジュニア選手権 400m自由形 高校記録樹立
  •      日本選手権 400m自由形2位、800m自由形3位、1500m自由形2位
  • 2018年:東京パンパシフィック選手権 400m自由形、1500m自由形 高校新記録樹立
  •      ジャカルタ・アジア大会 800m自由形銅メダル、1500m自由形銅メダル

出身大学と戦歴

コボリワカ引用元:X

小堀倭加さんの出身大学は、日本大学スポーツ科学科です。

日本大学の水泳部といえば、名門中の名門。

1927年設立以降、インカレ総合優勝36回という快挙で、100人以上のオリンピック選手を輩出してきました。

あの池江璃花子選手の母校でもあり、小堀倭加さんは同級生です。

世界的に有名な選手が多くいる中で練習できると、小堀倭加さんにとってはいい刺激になったでしょうね。

2020年はコロナ禍でしたが、気持ち的にも技術的にもうまくいった年だったとか。

緊急事態宣言中も、ウェイトトレーニングを増やしたり、陸上トレーニングを増やしてパワーがついたそうです。

しかしその後は調子が下降義気味で、日本選手権を前に苦しい日々を過ごしてきたそうです。

東京オリンピックをあきらめかけた時もありましたが、学生新記録で優勝し、オリンピック代表内定を決めました。

2021年2月のジャパンオープンでは、400m、800m、1500mの3冠を成し遂げます

1500m自由形では、短水路日本新記録を更新しました!

18年ぶりの快挙で、小堀倭加さんの将来に期待が集まりましたね。

しかし、2020年東京オリンピックでは、女子400m自由形で予選落ちしてしまいます。

女子800m自由形では、予選で16位となり、決勝には進出できませんでした。

主な戦績

  • 2019年:日本選手権 400m自由形4位、800m自由形2位
  •     日本学生選手権 400m自由形優勝(大会新)、800m自由形優勝
    ユニバーシアード・ナポリ大会 800m自由形優勝、1500m自由形優勝
  • 2020年:日本学生選手権 400m自由形優勝(大会新)、800m自由形優勝(大会新)
    日本選手権 400m自由形2位、800m自由形3位
  • 2021年:日本選手権 400m自由形優勝 800m自由形2位
    神奈川県JOC春季大会 1500m自由形優勝
    ジャパンオープン 400m、800m、1500m自由形優勝

その後2023年には、日本大学を卒業し、あいおいニッセイ同和損保株式会社に入社。

社会人になって初となるパリオリンピックへも、メドレーリレーでの出場を決めました。

パリオリンピックでは、持っている力を十分に発揮し、メダルを獲得してほしいですね!

小堀倭加の彼氏は
小堀倭加が彼氏がいない理由は?好きなタイプも調査!2020年東京オリンピックで、日本代表選手となった競泳女子の小堀倭加選手。 パリオリンピックではメドレーリレーの代表となり、2大会...






error: Content is protected !!