スポーツ

成田実生の学歴は?小学校・中学校・高校の戦歴は?

日本女子競泳界のエース候補との呼び声も高い、成田実生(なりた みお)選手。

現役高校生という若さですが、見事女子400m個人メドレーで、パリオリンピックへの出場が決定しました。

そんな成田実生さんですが、どのような学生時代を過ごしてきたのでしょうか。

今回は、成田実生さんの学歴について、調査しました!

ぜひ、最後までご覧ください。

成田実生の基本プロフィール

ナリタミオ引用元:X
  • 氏名 :成田 実生(なりた みお)
  • 生年月日:2006年12月18日(17歳 ※2024年6月時点)
  • 出身地 :東京都葛飾区
  • 身長  :161cm
  • 所属 :ルネサンスKSC金町
  • 趣味  :絵を描くこと、家族とのドライブ

成田実生さんは、生後8か月から姉の影響で水泳を始めます。

小学校に入学してからは、すでに全国大会に出場するほどの選手に。

中学時代には、2022年国際大会代表選考会の400m個人メドレーで2位、ジュニア世界記録と日本中学記録を更新しました。

国際大会で日本代表に選ばれるようになり、淑徳巣鴨高校へ進学。

2024年3月19日には、パリオリンピック代表選考会に出場し、400m個人メドレーで優勝。

見事、パリオリンピックへの切符をつかんでいます。

現役女子高生アスリートの成田実生さんですが、休日は地元のアリオ亀有へショッピングに行くことが多いとか。

家族で遠くまでドライブに行くこともあり、リフレッシュしているようでうね。

また愛犬も飼っており、「自分で散歩をする」という約束で買ってもらったそうですよ。




成田実生の学歴は?

成田実生さんの学歴について、順番に見ていきましょう。

出身小学校と戦歴

ナリタミオ引用元:X

成田実生さんの出身小学校は、葛飾区立金町小学校です。

両親と姉の4人家族で生まれ育ち、お姉さんは幼少期にスイミングを習っていました。

成田実生さんも、その影響で水泳を始めています。

なんと、生後8か月でプールに入っていたそうですよ!

お母さんが、ベビースイミングに通わせたことがきっかけだったそうです。

お姉さんの存在もあり、物心がつく頃には、自然に競泳に打ち込むようになったと言います。

幼稚園の頃には「金町スイミングスクール」」に通い始めます。

そして小学生になると、すでに全国大会に出場をしていました。

練習で泣いたこともあったそうですが、毎日休まずに続けたそうです。

また成田実生さんは「ハーフではないか?」という噂もありますが、これはデマのようです。

話し方がまだ舌っ足らずで可愛らしいのと、ハーフのような整った顔立ちから、ハーフの噂につながったようですね。

主な戦績

  • 2017年墨東五区水泳大会の女子小学生50m背泳ぎ:2位
  • 第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会:200m個人メドレー、100m背泳ぎ、50m背泳ぎ出場

出身中学校と戦歴

ナリタミオ引用元:X

成田実生さんの出身中学校は、葛飾区立常盤中学校です。

継続して金町スイミングクラブに在籍しており、競技に打ち込んでいました。

中学時代に頭角を現した、成田実生さん。

中学3年生のときには、国際大会代表選考会の400m個人メドレーで2位となり、ジュニア世界記録と日本中学記録を更新しました

中学3年生のときには、全国中学校水泳競技大会の200m個人メドレーに出場し、大会新記録で優勝に輝きます。

また、世界短水路選手権日本代表にも選ばれました。

国際大会日本代表選手選考会では、400m個人メドレーで2位に。

自己ベストも4秒縮め、ジュニア世界新記録4分36秒71という記録を樹立しています。

アジア大会代表に選ばれるも、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまいます。

主な戦績

  • 2021年:ジャパンオープン 200m個人メドレー 6位
  • 日本選手権 200m個人メドレー 4位 ・400m個人メドレー 4位
  • ジャパンオープン 200m個人メドレー 3位 ・400m個人メドレー (中学新)2位
  • 全国中学校大会 200m個人メドレー (大会新)優勝 ・400m個人メドレー 2位
  • 2022年2月:コナミオープン 200m個人メドレー (中学大会新)優勝 ・400m個人メドレー (中学新)優勝
  • 2022年3月:国際大会代表選考会 400m個人メドレー2位




出身高校と戦歴

ナリタミオ引用元:X

成田実生さんは現在、淑徳巣鴨高校(偏差値58~65)に通っています。

この高校は、私立の共学校で、水泳部は全国大会常連の強豪となっています。

成田実生さんは、この高校に憧れていたようで、部活と並行して金町スイミングクラブに通い続けました。

現在、高校に通いながら、週6日の練習に励んでいます。

学校が終わると、金町スイミングクラブへ行き、15時~20時まで練習しているそうです。

器具を使った陸上トレーニングや、水中での基礎練習、泳ぎこみなどを実施。

学校が遠くなったことで、毎日片道45分の満員電車で通学しています。

勉強にも励み、睡眠時間が少なくなったことで、体調管理に苦しんでいるとか。

そのため現在は、休むことが重要だと気付き、計画的に勉強しています。

高校1年生のときには、世界ジュニア水泳選手権で、3種目金メダルを獲得しています。

翌年の日本選手権でも、個人メドレーの200m、400mで1位に輝きました。

その後は世界水泳やアジア大会で思うような成績を残せず、不安を抱えることに。

明確な目標設定をせずに取り組んでいので、自己ベストを出せなかったと振り返っていました。

その後は、「パリオリンピックの決勝の舞台で泳ぐ」という、明確な目標を持ちました。

学業との両立に大変苦労するも、友人にはかなり助けられたと言います。

好きな教科は英語で、アジア競技大会ではボランティアと英語で会話しています。

反対に、苦手科目は日本史と古典で、少しずつ苦手意識を克服しているそうです。

主な戦績

  • 第98回競泳日本選手権 200メートル背泳ぎ:優勝
  • 世界ジュニア水泳選手権 女子200メートル個人メドレー優勝、400メートル個人メドレー優勝(※大会新記録)、200メートル背泳ぎ4位
  • 国体競泳 少年女子B200メートル個人メドレー:優勝
  • ジャパンオープン 400メートル個人メドレー優勝、200メートル個人メドレー優勝
  • 2023年2月 コナミオープン 400メートル個人メドレー優勝、200メートル個人メドレー優勝(※大会新記録)
  • 第99回競泳日本選手権 200メートル個人メドレー優勝
  • ヨーロッパグランプリ(バルセロナ大会) 200メートル個人メドレー3位

現時点で大学への進学を明言していませんが、競泳選手はほとんどが大学に進学しています。

池江璃花さんや長谷川涼香さんと同じ、日本大学に進学する可能性は高そうですね。

パリオリンピックでは、思う存分力を発揮し、メダルを獲得してほしいですね!






error: Content is protected !!