スポーツ

大橋悠依の学歴は?偏差値55の東洋大学でスポーツ推薦で入学!

東京オリンピックで金メダル2冠を達成し、日本中に感動を与えた競泳・大橋悠依選手。

パリオリンピックでも、2大会連続のメダル獲得が期待されています。

そんな大橋悠依さんですが、どのような学生時代を過ごしてきたのでしょうか。

今回は、大橋悠依さんの学歴について、調査しました!

ぜひ、最後までご覧ください。

大橋悠依の基本プロフィール

オオハシユイ引用元:X
  • 氏名  :大橋 悠依(おおはし ゆい)
  • 生年月日:1995年10月18日(28歳 ※2024年6月時点)
  • 出身地 :滋賀県彦根市
  • 身長  :174cm
  • 血液型 :B型
  • 所属  :イトマン東進

三姉妹の末っ子だった大橋悠依さんは、姉の影響で水泳を始めます。

中学時代から頭角を現し、ジュニアオリンピックで優勝。

その後、高校・大学は思うように記録が伸びず、重度の貧血に悩まされます。

母の協力のもと食生活を見直し、体質改善を図りました。

2017年には、代表選考会の400m個人メドレーで日本新記録を更新します。

世界選手権女子200m個人メドレーでも銀メダルを獲得し、注目される選手となりました。

東京オリンピック2020においては、200m・400m個人メドレーで金メダルを獲得。

同種目の日本人では、21年ぶりのメダル獲得、そして滋賀県史上初となる金メダリストになりました。




大橋悠依の学歴は?

オオハシユイ引用元:X

大橋悠依選手の学歴について、順番に見ていきましょう。

出身小学校と戦歴

オオハシユイ引用元:X

大橋悠依選手の出身小学校は、彦根市立佐和山小学校です。

幼い頃は4歳上の長女・芽依さん、3歳上の次女・亜依さんといつも一緒だったそうです。

父いわく、「昔から負けん気が強くて根気強い性格だった」とのこと。

お姉さんが水泳を始めると、大橋悠依選手も、水泳を始めます。

幼いころは病弱で身体が弱く、何度も入院を経験していたとか。

また、卵や甲殻類アレルギーもあり、家族とは別の食事になることも多かったそうです。

小学3年生から高校卒業までは、彦根イトマンスイミングスクールに通っていました。

小学生の頃から、全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会に出場するように。

ただ当時は21位~27位が最高位と、全国トップレベルではなかったようです。

主な戦績

  • 2006年度 JOC10歳以下50m背泳ぎ41位、50mバタフライ21位
  • 2007年度 JOC11~12歳50m背泳ぎ27位

出身中学校と戦歴

オオハシユイ引用元:X

大橋悠依選手の出身中学は、彦根市立東中学校です。

陸上競技の桐生祥秀選手とは、中学時代からの幼馴染だそうですよ。

中学生の頃から嵐の大ファンで、試合前には嵐の曲を聴き、栗東の大野神社に参拝に行ったこともあるそうです。

中学2年生で出場した「全国中学校水泳競技大会」では、200m個人メドレーで11位に。

また、中学3年生の全国中学では、200m背泳ぎで2位、200m個人メドレーで3位となりました。

JOCジュニアオリンピックカップでも、200m個人メドレーで優勝しています。

主な戦績

  • 2009年度 全国中学 200m個人メドレー11位
  • JOC13~14歳100m背泳ぎ31位、200m個人メドレー7位
  • JOC13~14歳50m背泳ぎ13位 、200m背泳ぎ16位、200m個人メドレー10位
  • 2010年度 日本選手権 200m個人メドレー28位
  • 全国中学 200m背泳ぎ2位、200m個人メドレー3位
  • JOC13~14歳100m背泳ぎ3位 、200m個人メドレー優勝、400m個人メドレー13位




出身高校と戦歴

オオハシユイ引用元:X

大橋悠依選手の出身高校は、滋賀県立草津東高校体育科(偏差値50)です。

同校の水泳部はかなりの強豪で、トップレベルのスイミングスクールに通っている生徒も多いとか。

大橋悠依選手は体育科だったので、毎週金曜日の5、6限目は特別授業があったとか。

学校から琵琶湖まで走っていたそうで、かなりハードだったそうですよ。

水泳は高校時代に伸び悩んでおり、目立った活躍はされていませんでした。

しかし高校3年生のときには、「全国JOC夏季大会」200m個人メドレーで優勝、「全国JOC春季大会」でも200m個人メドレーで優勝しています。

主な戦績

  • 2013年度 日本選手権 200m個人メドレーB決勝2位、400m個人メドレー22位
  • インハイ 200m個人メドレー3位、400m個人メドレー5位
  • 夏JO 200m個人メドレー優勝、400m個人メドレー4位
  • 春JO 50mバタフライ4位、200m個人メドレー優勝、400m個人メドレー7位

出身大学と戦歴

オオハシユイ引用元:X

大橋悠依選手の出身大学は、東洋大学国際地域学部 す。

日本屈指の水泳指導者・平井伯昌コーチに見いだされ、スポーツ推薦で入学したようです。

同大学の卒業生には、リオオリンピック男子400m個人メドレー金メダリスト・萩野公介さんや、200m平泳ぎ世界記録保持者の山口観弘さんらがいます。

大学入学後、大橋悠依選手は膝の故障や貧血に悩まされ、なかなか記録が伸びませんでした。

大学2年生のときの日本選手権では、最下位の40位という結果に。

その後、母の協力のもと、食生活を改善します。

当時、大学寮に入っていましたが、母がアサリやひじきなど鉄分豊富な料理を作り、冷凍して寮に送ってくれたそうです。

当時は本当にどん底だったそうですが、母の協力が大きかったようです。

また、1年先輩の萩野公介選手らと、スペインで高地合宿に参加。

泳ぎの技術を学び、トレーニングで持久力もついたそうです。

大学3年生のときの日本学生選手権水泳競技大会では、200m個人メドレーで大会新記録を樹立し優勝。

400m個人メドレーも制し、見事2冠を達成しています。

大学4年生の時には、日本選手権400m個人メドレー、200m個人メドレーで優勝。

また、世界選手権に初出場し、銀メダルを獲得しました。

周りを気にせず、とにかく一生懸命泳いでここまでこれたのだと思います。

将来については、競技をやめたあとも水泳に関わっていきたい、と話していた大橋悠依選手。

水泳教室にも興味があるようですね。

主な戦績

  • 2016年度 日本選手権 200m背泳ぎ7位、200m個人メドレー5位、400m個人メドレー3位
  • インカレ 200m個人メドレー優勝、400m個人メドレー優勝
  • 2017年度 日本選手権 200m背泳ぎ3位、200m個人メドレー優勝、400m個人メドレー優勝
  • 世界選手権 200m個人メドレー2位、400m個人メドレー4位
  • ユニバーシアード 200m個人メドレー優勝 、400m個人メドレー優勝
  • インカレ 200m個人メドレー優勝、400m個人メドレー優勝

パリオリンピックでは、ぜひ2大会連続となる金メダルを獲得してほしいですね!

大橋悠依の結婚相手
大橋悠依が結婚相手や彼氏がいない理由は?好きなタイプも調査!東京オリンピック競泳女子200m・400m個人メドレーで、金メダルを獲得した大橋悠依選手。 パリオリンピックでも、2大会連続のメダ...






error: Content is protected !!