スポーツ

白井璃緒の兄弟何人?兄も姉も水泳選手?仲良しエピソードも!

パリオリンピック競泳女子リレー種目のおいて、2大会連続の代表入りが内定した白井璃緒選手。

東京オリンピックに続いて、その活躍が期待されていますね!

そんな白井璃緒さんは、なんと6人兄弟の末っ子という大家族で育ちました。

今回は、白井璃緒さんの兄弟について、調査しました!

ぜひ、最後までご覧ください。

白井璃緒の兄弟は何人?

シライリオ引用元:X

白井璃緒さんの家族構成は、両親と兄が3人、姉が2人の8人兄弟です。

白井璃緒さんは、6人兄弟の末っ子だったのですね。

  • 父親:白井利明さん
  • 母親:名前は不明
  • 長男:白井智士さん
  • 次男:白井宏幸さん
  • 長女:白井綾香さん
  • 三男:白井裕樹さん
  • 次女:白井佳織さん
  • 三女(本人):白井璃緒さん

8人家族となると、大変賑やかなご家庭だったのでしょう。

白井璃緒さんは末っ子ですから、とっても可愛がられて育ったと思います。

また、父・利明さんはミズノの社員で、白井璃緒さんも現在ミズノに所属しています。

昔からユニホームや練習着もミズノで、とても馴染みのある企業だそうです。

ミズノに就職した際は、家族が喜んでいて、特に父がとっても喜んでいたそうですよ。




白井璃緒は6兄弟で水泳選手!

シライリオ引用元:X

白井璃緒さんの兄弟は、なんと全員水泳選手だったのです。

さらに、全員が国大会出場経験があります!

まさに水泳兄弟で、才能あふれる一家だったようですね。

白井璃緒さんは2歳から水泳を始めていますが、兄姉たちが習っていたことがきっかけでした。

  • 長男・智士さん:大学時代にインターハイで200m自由形優勝
  • 次男・宏幸さん:インターハイ200m平泳ぎで2位
  • 長女・綾香さん:インターハイ200m背泳ぎで3位
  • 三男・祐樹さん:FINAワールドカップ200m背泳ぎで優勝
  • 次女・佳織さん:ジュニアオリンピック100m自由形で優勝

それぞれ全国レベルの大会で上位の成績を残しているのは、本当にすごいことです。

全員が全国大会で3位以内に入っている競泳一家で、三男の裕樹さんは、ロンドンオリンピック代表選考会であと一歩及ばず。

オリンピック出場への夢を託されたのが、白井璃緒さんでした。

東京オリンピックに出場が決定した際は、家族から続々と「おめでとう」というメッセージを受けます。

兄姉たちに対しては、「やってやったぞ」という思いだったそうです。

シライリオ引用元:X

白井璃緒さんは2歳から水泳を始め、すぐにその才能は開花。

初めて出場した大会で優勝し、小学校、中学校、高校と常にトップレベルの成績を残しています。

兄姉たちに習って、当たり前のように水泳教室に参加したそうで、「自分からやりたいと言った記憶はない」という白井璃緒さん。

しかし母いわく、水泳教室に参加した初日に、自ら「水泳をやりたい!」と言ったそうですよ。

初めて水に触れたときから、「これだ!」と思ったのでしょう。

このような水泳一家で育てば、自然に水泳に馴染むのもうなずけますね。

小学校4年生のときにジュニアオリンピックで全国8位となり、すごく悔しい思いをしました。

それ以降は『もう負けたくない』という気持ちで、練習も増やし、翌年のジュニアオリンピックでは優勝することができました。

きょうだいで1番負けず嫌いな性格のようですよ!

ちょうどその頃、北島康介さんが北京オリンピックで金メダルを2つ獲得し、『自分もあの舞台に立ちたい』と思うようになったそうです。

今も昔も、水泳に関してはとことん負けず嫌い。

兄や姉が果たせなかった、オリンピックへの夢を初めてつかんだ、末っ子の白井璃緒さん。

夢の舞台に向けて、「家族全員の夢だった。日本代表の誇りを持って泳ぐ」と誓っています。

白井璃緒の兄弟仲良しエピソードは?

シライリオ引用元:X

白井璃緒さんは兄姉たちととても仲がよく、悩みを相談できる関係のようです。

高校時代、強豪校への誘いを断り、白井家の掟で地元の公立高校を受験した、白井璃緒さん。

兄や姉を全国レベルにまで育てた名コーチの指導のもと、高校でもタイムを伸ばし、自己新を更新し優勝しています。

そして、高校卒業後の進路で悩んでいた時、お兄さんに相談したことがありました。

お兄さんは、『璃緒の夢は?』と聞き、『オリンピックに出ること』と答えます。

『じゃあその夢を叶えられる一番の近道は?』と聞かれ、真っ先に思い浮かんだのが東洋大学でした。

高校まで暮らした地元の兵庫県宝塚市を離れることで、悩んでいたようです。

関西に残るか悩んだときもありましたが、兄のアドバイスで、あらためて自分の夢や目標が明確になったのです。

シライリオ引用元:X

オリンピックに出るためには、世界レベルの人と一緒に練習すること、強い人と一緒に過ごすことが必要だと思ったそうです。

東洋大学はプールも含めたトレー二ング施設が充実しており、JISS(国立スポーツ科学センター)も近くにあります。

そして、多くのメダリストを育てあげた競泳日本代表の平井伯昌ヘッドコーチがいます。

さらには、メダリストの萩野公介さんや大橋悠依さんら、トップレベルの選手たちと練習できる環境があったのです。

お兄さんも、『そう思ったのなら、東洋大学なんだろう』と背中を押してくれたので、迷いがなくなりました。

お兄さんは白井璃緒さんの意思を尊重し、進むべき道に導いてくれたのですね。

妹が悩んでいる時に背中を押してくれる、素敵なお兄さんです!

なかなか家族全員が揃うことはないですが、常に白井璃緒さんを応援してくれています。

家族の応援を胸に、パリオリンピックでは実力を出し切ってほしいですね!

白井璃緒が彼氏がいない理由は?
白井璃緒が彼氏がいない理由は?好きなタイプも調査!パリ五輪競泳女子リレー種目のおいて、2大会連続の代表入りが決定した白井璃緒選手。 個人での出場は逃したものの、東京オリンピックに続...






error: Content is protected !!