スポーツ

谷川亜華葉の学歴は?偏差値55の近畿大学でスポーツ推薦で入学!

日本女子水泳界が誇る次世代のホープ・谷川亜華葉選手。

パリオリンピックの競泳女子個人メドレーで日本代表に内定し、2大会連続オリンピック出場を決めました。

そんな谷川亜華葉さんですが、どのような学生時代を過ごしてきたのでしょうか。

今回は、谷川亜華葉さんの学歴について、調査しました!

ぜひ、最後までご覧ください。

谷川亜華葉の基本プロフィール

タニガワアゲハ引用元:X
  • 氏名  :谷川亜華葉(たにがわ あげは)
  • 生年月日:2003年6月15日(21歳 ※2024年6月時点)
  • 出身地 :大阪府
  • 身長  :160cm
  • 体重  :52kg
  • 所属  :イトマン近大

谷川亜華葉選手は、水泳選手だったご両親の影響で、4歳から水泳を始めます。

中学時代から水泳選手としての才能を開花させ、高校時代に一気にブレイク。

四条畷学園高校時代は、全国高等学校総合体育大会水泳競技大会において、200m・400m個人メドレーで2冠を達成しました。

2021年には、第97回日本選手権水泳競技大会の400m個人メドレーにおいて、標準記録を突破。

2020東京オリンピック日本代表に内定します。

東京オリンピックでは予選落ちという結果に落ち込むも、パリオリンピックに向けて奮起。

2023年4月9日には、日本選手権の400m個人メドレーでは標準記録を突破し、パリオリンピック日本代表に内定しています。




谷川亜華葉の学歴は?

谷川亜華葉選手の学歴について、順番に見ていきましょう。

出身小学校と戦歴

タニガワアゲハ引用元:X

谷川亜華葉選手の出身小学校は、大阪市立三軒家(さんげんや)東小学校です。

母親と弟、妹の4人家族で、母子家庭で育った谷川亜華葉さん。

両親は、小学生の頃に意見の食い違いが原因で、離婚しています。

父の情報はほとんどありませんが、両親ともに水泳選手だったそうですよ。

母とは仲良しで、今でも頻繁に連絡をとっています。

家族の応援が、1番谷川亜華葉さんの支えになっているそうです。

谷川亜華葉選手の母は、里美さん。

現在はスイミングスクールでコーチをしているそうです。

タニガワアゲハ引用元:X

元水泳選手ということで、谷川亜華葉さんもその影響で水泳を始めました。

また、妹の紅葉(くれは)さんも水泳選手で、谷川亜華葉選手と同じくイトマンスイミングスクールに通っていました。

弟の昴瑠(すばる)さんも水泳選手で、姉2人と同様、イトマンスイミングスクールで水泳をしています。

2022年には、「関西選手権ジュニア水泳競技大会」の100m背泳ぎにおいて、3位入賞を果たしています。

現在は大阪府堺市にある「太成学院大学高校」に通っているようですね

母の里美さんは、女手一つで子供3人を育て、水泳の指導もされていました。

谷川亜華葉選手は母にとても感謝しており、「言葉で表せないぐらい感謝してます。」と話しています。

ちなみに、「亜華葉(あげは)」という名前は、両親が「チョウのように羽ばたいてほしい」という願いを込めて名付けました。

幼いころから負けず嫌いだった谷川亜華葉さんは、小学生時代レースの後半で伸び悩み、記録を残せませんでした。

そのため、大きな大会で名前があがることがなかったそうです。

出身中学校と戦歴

タニガワアゲハ引用元:X

谷川亜華葉選手の出身中学校は、大阪市立大正東中学校です。

この中学校は部活動が活発で、ほぼ全員が文科系・体育会系のクラブに所属しています。

ただ水泳部がなかったことから、谷川亜華葉さんはイトマンスイミングスクールで練習していました。

中学時代はコーチから、「最終的に”負けへん”と強く思っているかどうかで、勝敗が決まる」とアドバイスを受けます。

それ以降は、レース後半がきついのは当たり前と、切り替えられるようになりました。

中学2年生のときには、全国中学校大会の400m個人メドレーで準優勝に輝きます。

翌年にも、全国中学校大会の400m個人メドレーで、準優勝となりました。

中学時代に競泳選手として、才能を開花させたようですね!

谷川亜華葉選手は、練習で納得いかずに結果が出ず、母の里美さんに電話で泣きついたこともあったとか。

メンタル面で、母には非常に支えられたようです。

主な戦績

  • 2017年:全国中学校大会 400m個人メドレー2位
  • 2018年:全国中学校大会 200m個人メドレー6位、400m個人メドレー2位




出身高校と戦歴

タニガワアゲハ引用元:X

谷川亜華葉選手の出身高校は、大阪府四条畷学園高校総合キャリアコース(偏差値44)です。

この高校は私立の共学校で、中高一貫で外部も受け入れています。

水泳部は強豪で、ここ近年は高校総体や国体などで活躍する生徒が、続出しています。

谷川亜華葉選手も、高校時代にさらに才能が開花しています。

クラスメイトにも水泳部が数人いて、試合に行くときは笑顔で見送ってくれたそうですよ。

高校1年生のときには、インターハイで200mと400mで2冠を達成しています。

高校3年生のときには、東京オリンピックの代表選考を兼ねた日本選手権に出場。

ちょうど新型コロナウィルスの自粛期間とかぶってしまい、実家にも帰れず、ストレスがたまったそうです。

そんなときには母親に相談をして、見事に日本代表に内定しています。

当時女子競泳チームでは、最年少の18歳という快挙でした。

しかし念願の東京オリンピックでは、まさかの予選落ち。

当時は水泳を辞めようかと本気で考えるほど、落ち込んでいたそうですよ。

自分が落ち込んでいる間にも、若手の選手がすぐ後ろに迫っており、自暴自棄になったこともあるようです。

しかし家族の支えもあり、翌2022年3月に行われた競泳国際大会日本代表選手選考会では、大橋悠依選手を破り、高校新記録を樹立。

ますます実力を伸ばしていきます。

主な戦績

  • 2019年:「インターハイ」200m個人メドレー優勝、400m個人メドレー優勝
  • 2020年:「日本選手権」200m個人メドレー9位、400m個人メドレー2位
  • 2021年:「日本選手権」400m個人メドレー2位
  • 2022年:「日本代表選考会」400m個人メドレー優勝(高校新記録)

出身大学と戦歴

タニガワアゲハ引用元:X

谷川亜華葉選手の出身大学は、近畿大学経営学部(偏差値53)です。

この大学には、競泳のスポーツ推薦で入学しました。

近畿大学への進学を決めた理由は、水泳部の先輩たちが大きかったようです。

知っている顔も多く、環境が大きく変わらないことで、勉強との両立もできると確信したそうです。

近畿大学水泳部は名門で、オリンピックメダリストとして知られる入江陵介さん、中西悠子さんらがいます。

競泳選手としては大学進学後も順調に成長を遂げ、2023年4月9日、日本選手権の400m個人メドレーで標準記録を突破し、パリオリンピック日本代表に内定しています。

パリオリンピックでは、持っている力を十分に発揮し、メダルを獲得してほしいですね!






error: Content is protected !!